• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > くらし・手続き > 環境保全・自然 > アスベスト対策 > 使用可能性のある古い家電製品をごみに出すときのお願い

トップ > くらし・手続き > 環境保全・自然 > アスベスト対策 > 使用可能性のある古い家電製品をごみに出すときのお願い

使用可能性のある古い家電製品をごみに出すときのお願い

最終更新日 2017年7月6日

アスベストが使われている可能性のある古い家電製品をごみに出すときのお願い

 アスベストが使われている可能性のある下記の家電製品(昭和62年以前に製造されたもの)を捨てる場合は、「燃やさないごみ」指定袋(中之島地域は透明または半透明の袋)に入れ、「アスベスト」と書いた紙を貼るなど表示して、燃やさないごみの収集日にごみステーションへ出してください。

アスベストの使われている可能性がある主な家電製品

掃除機 アイロン ヘアドライヤー
ストーブ ファンヒーター ※ 電気コタツ ※
電気コンロ 電気ポット 電気炊飯器 ※
オーブントースター オーブンレンジ ※

(中之島地域は※印の製品を粗大ごみ扱いで収集します。)
 なお、これらの家電製品は、分解したり壊したりしなければアスベストが飛散することはないため、急いで捨てる必要はありません。
 詳しくは、各製造メーカーにお問い合わせください。

このページの担当

環境業務課
TEL:0258-24-2837  FAX:0258-24-6553
メール:kankyogy@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。