• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > くらし・手続き > 環境保全・自然 > アスベスト対策 > 市立学校の給食調理機器へのアスベスト使用状況及び対応について

トップ > くらし・手続き > 環境保全・自然 > アスベスト対策 > 市立学校の給食調理機器へのアスベスト使用状況及び対応について

市立学校の給食調理機器へのアスベスト使用状況及び対応について

最終更新日 2019年6月11日

アスベストの使用があるもの 使用箇所 対応
給湯ボイラー1校(1台) ガス管等の接続部のパッキンとして使用 パッキンは結合剤で固め成型されたものなので飛散の恐れはないため継続使用する。

対応方針

  • メーカーの見解では、通常の使用では飛散の恐れはないとしている。
  • 通常の使用では飛散の恐れはないが、古いものから順次代替化をしている。

このページの担当

学務課
TEL:0258-39-2239  FAX:0258-39-2382
メール:gakumu@kome100.ne.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。