背景色
文字サイズ
音声読み上げ
  • 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

長岡の都市計画

最終更新日 2022年4月1日

都市計画区域

都市計画区域は、都市を一体的かつ総合的に整備し、開発し、又は保全するために指定されます。現在長岡市では、長岡都市計画区域、栃尾都市計画区域及び川口都市計画区域の3つの都市計画区域を指定しています。栃尾都市計画区域と川口都市計画区域については、急激に市街地が拡大する可能性が低いことから、区域区分を指定していません。

「都市計画区域」の画像

都市計画区域の概要

都市計画区域の概要 行政区域面積及び人口
長岡
都市計画区域
当初指定
年月日
最終指定
年月日
面積(ha) 人口(人) 面積(ha) 人口(人)
長岡 大15.10.20 昭45.2.7 22,000 188,618 26,245 188,814
中之島 昭45.2.7 2,700 9,595 4,255 11,117
越路 昭45.2.7 1,900 9,506 5,844 13,350
三島 昭45.2.7 1,700 6,254 3,647 6,581
与板 昭23.7.31 1,600 5,982 2,005 6,118
29,900 219,955 41,996 225,980
栃尾
都市計画区域
当初指定
年月日
最終指定
年月日
面積(ha) 人口(人) 面積(ha) 人口(人)
栃尾 昭13.4.2 昭48.12.25 1,898 11,496 20,492 16,699
川口
都市計画区域
当初指定
年月日
最終指定
年月日
面積(ha) 人口(人) 面積(ha) 人口(人)
川口 平9.4.1 平9.4.1 3,323 4,055 5,003 4,157
合計 35,121 235,506 67,491 246,836

※人口は令和3年4月1日現在の住民基本台帳によります。

都市づくりの将来像

これからのまちづくりは、人口減少・超高齢社会の進行など社会情勢の変化を見据え、「新たに造る時代」から「賢くマネジメントする時代」へとシフトしていく必要があります。
本市の都市計画に関する基本的な方針である「長岡市都市計画マスタープラン」では「安全・安心で、持続可能なコンパクトなまち 長岡」として以下の3つのポイントに基づくまちづくりを進めていきます。

将来都市像の実現に向けた都市づくり

Point1 都市の活力を生み出し、生活を支える拠点を形成し、円滑な交通ネットワークで結ぶ
Point2 人口・世帯数減少を見据え、既成市街地を有効活用する
Ponit3 安全・安心で持続可能なまちづくりを追求する

将来都市構造

「将来都市構造」の画像

コンパクトなまちづくり

長岡市では、平成29年3月に「長岡市立地適正化計画」を策定しました。人口減少社会においても生活サービス水準を維持できるよう、人口や都市機能を緩やかに誘導し、コンパクトなまちづくりと公共交通の再編との連携による「多極ネットワーク型コンパクトシティ」の実現に向け、まちづくりを進めています。

「コンパクトなまちづくり」の画像

出典:国土交通省資料「コンパクトシティの形成に向けて」(平成27年3月)

人口推移と人口推計

「人口推移と人口推計」の画像

※「長岡市立地適正化計画」より
出典:国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口(H25.3)」

まちなか居住区域と都市機能誘導区域

居住誘導区域(まちなか居住区域)
一定エリアにおいて人口密度を維持することにより、生活サービスやコミュニティが持続的に確保されるよう、居住を誘導する区域で、市街化区域等の内側に設定。

都市機能誘導区域
医療や福祉、商業等の都市機能を誘導し集約することにより、これらの各種サービスの効率的な提供を図る区域。居住誘導区域の内側に設定。

市街化区域等に占める「まちなか居住区域」の割合:51.4%、「都市機能誘導区域」の割合:10.0%

「まちなか居住区域と都市機能誘導区域」の画像

このページの担当

都市政策課
TEL:0258-39-2225  FAX:0258-39-2270
メール:toshisei@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。