背景色
文字サイズ
音声読み上げ
  • 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ポスト
  • 送る

歩車道境界ブロック

最終更新日 2017年4月1日

  1. 車道からの高さについては15cm以上という規定であるが、冬期間は圧雪による路面高の上昇が考えられるため、通年での安全面を考慮し車道からの高さを20cmとする。
  2. セミフラット型歩道において、現場打ちL型側溝の場合は、天端両角が曲面仕上げの面取りがなされているBタイプのもの(図-1参照)を使用することとする。また、自由勾配側溝等の場合は、安全面を考慮し、片側フーチングタイプのフラットブロック(図-2参照)を使用することとする。
  3. 車両乗入部については、従来の乗入用ブロック(図-3参照)を使用するものとする。
  4. 横断歩道部については、天端に勾配のないブロック(図-4参照)を使用するものとする。
  5. 従って、前項から横断歩道接続部の構造(ガイドラインP.2-2-25の図2-1-17参照)における断面図は、下記の図-5を参照とする。
「図-1」の画像
「図-2」の画像
「図-3」の画像
「図-4」の画像
「図-5」の画像

このページの担当

道路管理課
TEL:0258-39-2232  FAX:0258-39-2273
メール:doukan@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
なお、いただいた御意見については、確認まで1週間程度かかりますので、回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。