• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > くらし・手続き > 税金 > その他の税金 > 軽自動車税の「環境性能割」について

トップ > くらし・手続き > 税金 > その他の税金 > 軽自動車税の「環境性能割」について

軽自動車税の「環境性能割」について

最終更新日 2020年4月1日

環境性能割(令和元年10月1日から)

令和元年10月1日から自動車取得税が廃止され、環境性能割が導入されました。環境性能割は、新車、中古車を問わず価格が50万円を超える自動車(軽自動車を含む。)を購入した際に燃費性能等に応じて課税されます。

税額の計算方法

「税額の計算方法」の画像

環境性能割の税率(軽自動車の例)

燃費性能等 税率
自家用 営業用
電気自動車等 非課税 非課税
ガソリン車
ハイブリッド車
令和2年度燃費基準+20%達成車
令和2年度燃費基準+10%達成車
令和2年度燃費基準達成車 1.0% 0.5%
平成17年度燃費基準+10%達成車 2.0% 1.0%
上記以外の軽自動車 2.0%

※電気自動車等は、電気軽自動車及び天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス基準適合又は平成21年排出ガス基準10%低減)とする。
※ガソリン車・ハイブリッド車は、平成30年排出ガス基準50%低減又は平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)に限る。
※令和元年10月1日から令和2年9月30日までの間に自家用の乗用車を購入する場合、環境性能割の税率1%分が軽減されます。

このページの担当

市民税課
TEL:0258-39-2212  FAX:0258-39-2263
メール:siminzei@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。