• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > くらし・手続き > 税金 > 納税について > 新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方へ(徴収猶予の特例)

トップ > くらし・手続き > 税金 > 納税について > 新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方へ(徴収猶予の特例)

新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方へ(徴収猶予の特例)

最終更新日 2020年9月9日

新型コロナウイルスの影響により収入に相当の減少があった方は、納期限から1年間、市税の徴収の猶予の特例を受けることができます。担保の提供は不要で、猶予期間中の延滞金もかかりません。
※徴収猶予は猶予制度であり、減免の制度ではありません。

対象となる方

以下①②の要件をいずれも満たす納税者・特別徴収義務者(個人法人の別、規模は問わず)が対象となります。
①新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月1日以降の任意の期間(1か月以上)において、収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
②一時に納税を行うことが困難であること。

対象となる市税

令和2年2月1日から令和3年2月1日までに納期限が到来する市・県民税、法人市民税、固定資産税などほぼすべての税目
※原則、納期限ごとの申請が必要です。

猶予期間

各納期限から1年以内(申請承認日から1年ではありませんのでご注意ください。)
例)納期限が令和2年3月2日の場合の猶予期間は最長で令和3年3月2日までとなります。

申請期限

以下の①か②のどちらか遅い期日まで
①それぞれの納期限まで(納期限が延長された場合は延長後の期限)
②法施行日から2か月後まで(令和2年6月30日まで)
※どちらも指定の期日までに市役所へ書類が到達する必要があります。期限に余裕をもってご申請ください。

申請手続等

手続方法 各種申請書及び下記の添付書類を提出してください。
※新型コロナウイルスの感染の拡大を防止するため、郵送・電話・eLTAXによる申請にご協力をお願いします。
添付書類
  • 新型コロナウイルスよる収入の減少を証明する書類
    例)給与明細、預金通帳のコピー、売上帳、現金出納簿など
  • 一時に納税を行うことが困難であることがわかる書類
    例)財産目録、預金通帳のコピー、仮決算書、資金繰表など
受付窓口 〒940-8501
新潟県長岡市大手通1丁目4番地10
アオーレ長岡(東棟)1階税金窓口
※郵送は、問合せ先にお願いします。
受付時間 平日の午前8時30分から午後5時15分まで
備考 提出書類の審査後、市から猶予の許可又は不許可の通知書を送付します。
申請様式・添付書類
お問い合わせ先 長岡市役所財務部収納課
電話:0258-39-2214
メール:syunou@city.nagaoka.lg.jp

このページの担当

収納課
TEL:0258-39-2214  FAX:0258-39-2263
メール:syunou@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。