• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > くらし・手続き > 税金 > 固定資産税 > 住宅建築用に農地を買ったのですが、なぜ宅地並みの税金なのでしょうか

トップ > くらし・手続き > 税金 > 固定資産税 > 住宅建築用に農地を買ったのですが、なぜ宅地並みの税金なのでしょうか

住宅建築用に農地を買ったのですが、なぜ宅地並みの税金なのでしょうか

最終更新日 2017年4月1日

Q 住宅建築用に農地を購入し、埋め立てもせずそのままにしてありますが、なぜ宅地と同じくらいの税金なのでしょうか。

A 住宅建築用に農地を取得したということは、農地法第5条の手続きをして取得された土地と考えられますが、そのような土地は、以前と変らず耕作していても宅地としての潜在的な価値、要素を有することになったと認められるため、宅地に近い税金となっています。

このページの担当

資産税課
TEL:0258-39-2213  FAX:0258-39-2263
メール:sisanzei@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。