• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

住民基本台帳ネットワークシステムとは

最終更新日 2019年1月18日

住民基本台帳ネットワークシステムとは

住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)とは、全国の市区町村と都道府県、国の機関を専用回線で結び、住民票コード(※)を基にして本人確認情報の提供を行うシステムです。
※住民票コードとは、住民基本台帳法の改正により、住民票に記載する事項として追加された、全国民に付番される無作為の11桁の番号です。

住基ネットで可能となったこと

■一部の行政手続きに伴う住民票の写しの提出の省略
■年金受給者の現況届の省略
広域交付住民票の請求
■住基ネットを利用した転出・転入届
■e-Taxの利用

個人情報の保護対策

◆住基ネット上の本人確認情報を利用できる業務は、法律上認められた業務に限定されます。
◆専用回線を利用し、情報の漏えいを防止します。
◆住基ネットの端末を操作する職員を限定しています。

このページの担当

市民課
メール:simin@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。