• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 妊産婦医療費助成

トップ > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 妊産婦医療費助成

妊産婦医療費助成

最終更新日 2018年11月28日

概要 市民税非課税世帯または市民税均等割のみ課税世帯の妊産婦の医療費を助成します。
国の公費負担制度(更生医療など)との併用ができます。
一部負担金
医療費の自己負担額から、一部負担金を差し引いた額を助成します。一部負担金は次のとおりです。
  • 通院…1回530円(同じ医療機関で月4回まで負担。5回目からは負担なし)
    ※薬局は無料
  • 入院…1日1,200円(標準負担額減額認定証の交付を受けている方は、食事代助成あり)
  • 訪問看護…1日250円(指定訪問看護事業者ごとにつき)
対象者 市民税非課税世帯または市民税均等割のみ課税世帯の妊産婦
※妊産婦と生計が同一の世帯全員が市民税非課税もしくは市民税均等割のみ課税であることが必要です。
※以下の方についても所得判定の対象となります。
 1. 同一住所にお住まいの扶養義務者
 2. 別居している配偶者
申請・届出の時期 母子健康手帳の交付を受けたら速やかに
医療費助成の期間 母子健康手帳の交付を受けた月の翌月の初日から、出産した月の翌月末日まで
受給者証の申請について 提出書類
  • 妊産婦医療費受給者証交付申請書(※申請、届出先の窓口に用意してあります。)
用意するもの
  • 母子健康手帳
  • 印鑑
  • 保険証(国民健康保険加入者は不要)
  • 課税証明書(前年分の住民税が長岡市で課税されている場合は、提出不要)
医療費助成の受け方
・「受給者証」を健康保険証とともに医療機関の窓口に提示することで、一部負担金のみの支払で済みます。
・ただし、県外の医療機関に受診したときや、受給者証を使わずに健康保険証のみで受診したときは、申請により助成します。(償還払いの申請)
【申請に必要なもの】
(1)妊産婦医療費助成申請書
 ※申請・届出先の窓口に用意してあります。
(2)妊産婦医療費受給者証
(3)受給者の口座番号・銀行支店名がわかるもの(通帳等)
(4)領収書(原本)
申請・届出先 アオーレ長岡(東棟)1階 福祉窓口または各支所市民生活課
(※郵送でも申請できます。)
受付時間 アオーレ長岡(東棟)1階 福祉窓口
 平日 午前8時30分~午後7時 土・日・祝日 午前9時~午後5時
各支所市民生活課
 平日 午前8時30分~午後5時15分
問い合わせ先 福祉課 医療費助成係(平日 午前8時30分~午後5時15分)
 TEL: 0258-39-2319 FAX: 0258-39-2256
 Mail:fukushika@city.nagaoka.lg.jp
その他 次の場合は手続きを行ってください。
1. 氏名が変わったとき
2. 健康保険証が変わったとき
3. 転出・死亡などにより、受給資格がなくなったとき
4. 受給者証をなくしたり、汚したとき
【用意するもの】
・新しい健康保険証(健康保険証が変わったとき)
・受給者証(紛失したときは不要です。)
・印鑑
リンク 申請書等はこちらから

このページの担当

福祉課
TEL:0258-39-2319  FAX:0258-39-2256
メール:fukushika@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。