• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

友情の双像

中之島エリア

最終更新日 2017年4月1日

友情の双像

 長呂の若宮社内には教育者・高橋竹之介先生の「誠意塾」に学んだ漢学者武石貞松と、同門の堀口九萬一(堀口大学の父)とが手を握りあう双像が建立されています。
 武石貞松は生涯を教育の普及に捧げる一方、産業の開発など多方面で活躍された郷土の偉人です。昭和35年に長呂を中心とした有志によって造られた武石貞松と堀口九萬一の友情を現した胸像です。二人は義兄弟の契を結び、九萬一が外交官になってからも二人の友情は終生続きました。
 制作したのは、日本の彫刻界の第一人者であり貞松の弟、武石弘三郎です。
所在地 長岡市長呂274【地図
アクセス 北陸道中之島・見附ICより5km、約10分
問合せ 中之島支所産業建設課 TEL 0258-61-2013

このページの担当

中之島支所産業建設課
TEL:0258-61-2013  FAX:0258-66-2238
メール:nknsm-sangyo@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。