• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 観光 > 歴史・文化 > 史跡・石碑 > 東光寺仏像に関する貞和文書

トップ > 観光 > 歴史・文化 > 史跡・石碑 > 東光寺仏像に関する貞和文書

東光寺仏像に関する貞和文書

栃尾エリア

最終更新日 2019年3月31日

東光寺仏像に関する貞和文書

 この古文書は、前段、中段、そして後段の三段から成っています。
 まず前段は、弘照法師から諏訪縫殿正高晴に宛てたもので、東光寺(とうこうじ)の三仏といわれる大日如来(新潟県県指定文化財)、毘沙門天、不動明王の由来を述べ、子々孫々にわたって、この三仏を護持して欲しいという依頼の置文(遺書のこと)です。
 中段は、前段を受けて、諏訪高晴より弘照法師に宛てたもので、諏訪家の家柄を述べています。
 そして、依頼された三仏を護持することを打ち明けています。
 日付はともに貞和(じょうわ)2年(1346)5月5日となっています。
 そして、後段は慶長3年(1598)7月2日、長岡城主堀秀治の家臣による後書です。

<長岡市指定文化財>
所在地 長岡市中央公園【地図
時代 南北朝期(貞和2年)

このページの担当

栃尾支所地域振興課
TEL:0258-52-1117  FAX:0258-52-3990
メール:tco-chiiki@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。