• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

見送り地蔵

栃尾エリア

最終更新日 2019年3月31日

見送り地蔵

 はるか向うに蒲原平野、そして眼下に長岡市街地を見下ろす森立峠に立つこの地蔵は、どこから見ても自分を見つめているように見えることから「見送り地蔵」と呼ばれています。
 この峠の旧道は、かって栃尾と長岡とを結ぶ殿様街道と呼ばれた主要道で、人馬がはげしく往きかったといわれています。頂上付近にはこんこんと湧き出ている薬師清水があり、茶屋があった時代もありました。
 見送り地蔵は高さ約2.6メートルの見上げるような大きな塔です。
 基壇の上に蓮華台があり、それをもって軸部を支え、その上に宝珠のついた笠が乗っています。中心の軸部は1.2メートルあり、写真のような線彫りの延命地蔵尊が刻まれ、薄く紅色に塗られています。
 線刻の、しかもこれ程大きな石仏は、栃尾郷においては他に見られません。柔和な顔立ち、長い切れ目、素朴でふっくらとした左右の手、袈裟や衣の流文など均整のとれた尊像に思わず手が合わさってくるのです。

<長岡市指定文化財>
所在地 長岡市軽井沢区【地図
時代 江戸中期以前

このページの担当

栃尾支所地域振興課
TEL:0258-52-1117  FAX:0258-52-3990
メール:tco-chiiki@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。