• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

西照寺

三島エリア

最終更新日 2017年4月1日

西照寺

 西照寺は、浄土真宗の開祖、親鸞聖人の門弟、西念が開基した信州(長野)布野の長命寺から慶長7年(1602年)に分寺、所々移住を経て長岡市上岩井に定住しました。
 本堂は、定住後火災に遭い、延宝9年(1681年)に再建され現在に至っています。
 同寺に安置されている杉材寄木造り、高さ81.8cmの親鸞聖人坐像は、寛保3年(1743年)に西念ゆかりの寺「円静院(京都)」から譲り受けたもので、昭和35年に国の重要文化財として指定されました。

 像は、鎌倉末期のもので、全国に現存する親鸞聖人木像のうち、唯一の国指定の重要文化財となっております。
 また、左右に土塀をめぐらせた流れ破風単層の山門は、享保年間(1716~1735年)の建築で、市の文化財に指定されています。
所在地 長岡市上岩井3471【地図
料金 無料
アクセス ・高速道路長岡ICより車で約10分
・長岡駅大手口バス停6番線より関原経由のバス「上岩井」下車徒歩3分(長岡駅からバスで30分)

このページの担当

三島支所産業建設課
TEL:0258-42-2249  FAX:0258-42-3534
メール:msm-sangyo@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。