• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

鞍掛神社

中之島エリア

最終更新日 2017年4月1日

鞍掛神社

 神社の祭神は、越後一ノ宮の弥彦神社の祭神「天香山命(あめのかぐやまのみこと)」の異母弟、「可美真手命(うましまでのみこと)」と伝えられています。弘仁13年(822)の創立とされており、かつては鞍掛大明神といわれ七堂伽藍の壮大な構えでしたが、元禄3年(1690)火災により焼失。同4年に再建されました。
 建築様式は寄せ棟造り妻入りで、中世の流れをくむ貴重なものとして注目され、昭和60年に中之島町指定文化財となり、平成元年に解体・復元工事が完了。
 中越平野において最古に属する建物として、平成4年に県指定文化財となっています。
所在地 長岡市中之島宮内839番地 【地図
アクセス 北陸道中之島・見附ICから中之島方面へ5km、約15分、案内看板があります
問合せ 中之島支所地域振興課教育支援係 TEL0258-61-2011

このページの担当

中之島支所地域振興課
TEL:0258-61-2010  FAX:0258-66-2238
メール:nknsm-chiiki@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。