• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 観光 > 観る・楽しむ > 自然・景観 > 雁木づくり 2002年の活動

トップ > 観光 > 観る・楽しむ > 自然・景観 > 雁木づくり 2002年の活動

雁木づくり 2002年の活動

栃尾エリア

最終更新日 2017年4月1日

 2002年度は、住民と大学生との協働により雁木1棟をデザイン、建築しました。
 ここでは、2002年度の活動を紹介します。

Step1 活動スタート

・第1回ワークショップ(5月10日)

「第1回ワークショップ」の画像1
秋葉公園で栃尾名物の「あぶらげ」
とコシヒカリのおにぎりで昼食会
「第1回ワークショップ」の画像2
住民の案内により、まちなみや古い
町屋を視察

Step2 計画案策定

・第2回ワークショップ(6月14日)

「第2回ワークショップ」の画像1
住民と一緒に話し合い、デザインプラン
を考える。
「第2回ワークショップ」の画像2
建設予定地の調査を行い、周辺の環境を
いかしたデザインを考える。

・第2回ワークショップ(7月26日) 中間プレゼンテーション

「中間プレゼンテーション」の画像1
これまでのワークショップで住民から
得た意見などをもとに、デザインプラ
ンを提案
「中間プレゼンテーション」の画像2
学生の提案に対し、住民からの厳しい
意見がつぎつぎと飛び交う。

Step3 デザインコンペ

・デザインコンペ(9月8日)

「デザインコンペ」の画像1
新潟大学5チームと長岡造形大学2チームに
よるプレゼンテーション
「デザインコンペ」の画像2
休憩時間も貴重なプレゼンテーションの時間です。
「デザインコンペ」の画像3
女性の視点での質問や意見も数多く寄せ
られました。
「デザインコンペ」の画像4
地元の建築家などもアドバイザーとして
参加し、雪国特有の建築様式などをレクチャー

Step4 提出作品

「提出作品」の画像1
デザインコンペ終了後、住民による投票
が行われました。
「提出作品」の画像2
1週間表町の会館で、展示、投票が行われた
のち、10月5日に開票作業が行われました。

「提出作品」の画像3
第1班(新潟大学)

80point(第4位)

駐車場としての機能性を重視し、間口を最大限確保した挑戦意欲の高い作品。ラーメン橋の構造、デザインを研究し、採用した点は評価できる。屋根の二重勾配には否定的な意見が多かった。

「提出作品」の画像4
第2班(新潟大学)

91point(第3位)

背面にせり出した独特な形状の休憩スペースと展示用に利用できる造作棚が歩行動線上に配されており、実用性で高い評価を得た。間口が狭く見える点で若干評価が下がったか…。

「提出作品」の画像5
第3班(新潟大学)

93point(第2位)

アスレチックを連想させる骨太なデザイン。「遊び」に特化しているため、安全面での配慮について賛否の分かれた作品。模型のスケール感はNo.1

「提出作品」の画像6
第4班(新潟大学)

59point(第5位)

デコレーションを排除し、オーソドックスなスタイルにこだわったシンプルな作品。このシンプルなデザインと丸太柱の暖かみは特に女性に人気があった。

「提出作品」の画像7
第5班(新潟大学)

128point(第1位)

中間プレゼンで指摘された、壁ゆえの見通しの悪さという弱点を見事カバー。デザインも洗練され、現実的な構造とともに、幅広い支持を得た。

「提出作品」の画像8
第6班(長岡造形大学)

59point(第5位)

直線を三次元的に配置する事でコンセプトとなった「栃尾曲線」を創出。墨色のカラーリングとともに造形大学らしい意匠性の高い作品。ヒアリングなどを重ね、住民の意思が反映されれば…。

「提出作品」の画像9
第7班(長岡造形大学)

45point(第7位)

シンプルな躯体に、メッシュやサークルなどのデコレーションを施し、また内面にも水の流れをモチーフとした三次元的なデコレーションを施した作品。好印象は受けるが実現性で評価が分かれた。

Step5 建築作業

「建築作業」の画像1
1.くつ石設置(12月7日)
雁木の土台となるくつ石を設置
「建築作業」の画像2
2.く体建築(12月11日)
地元の大工さんの協力を得て材料を
組み上げ、く体を建築
「建築作業」の画像3
3.ベンチ製作(12月18日)
やすらぎのある空間づくりを目指し
、ベンチを設置。
「建築作業」の画像4
4.防腐剤塗布(12月20日)
部材が多く、一日がかりで防腐剤を
塗りました。

Step6 表彰式

・表彰式(2月12日)

「表彰式」の画像1
最優秀賞1チーム優秀賞2チームに、それぞれ
馬場栃尾市長から表彰状が贈呈されました。
「表彰式」の画像2
表町区の大竹区長から学生に対する
お礼の言葉が述べられました。

このページの担当

栃尾支所建設課
TEL:0258-52-5825  FAX:0258-52-3990
メール:tco-kensetsu@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。