• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 健康・福祉 > 高齢者・介護 > 高齢者の助けになるサービス

トップ > 健康・福祉 > 高齢者・介護 > 高齢者の助けになるサービス

高齢者の助けになるサービス

最終更新日 2019年7月11日

■安心連絡システムの利用

内容 24時間体制の緊急通報・見守りサービスを実施
詳細はこちら(PDF 262KB)
対象者 65歳以上のひとり暮らし高齢者等
(自立又は要支援1・2)
利用料 市民税がかかっていない人:月額500円
市民税がかかっている人:月額1,500円
生活保護受給者は無料
問合せ先 長寿はつらつ課(電話:39-2268)又は各支所市民生活課

■はり、きゅう、マッサージ施術費助成

内容 1回1,000円の助成券を交付(年間4枚)
詳細はこちら(PDF 105KB) 指定施術所一覧表(PDF 86KB)
対象者 75歳以上で希望する人
問合せ先 長寿はつらつ課(電話:39-2268)又は各支所市民生活課

■生活用具の貸与、給付

内容 吸引器の貸与及び電磁調理器の給付
詳細はこちら
対象者 65歳以上の寝たきり高齢者等
利用料 無料~全額負担(生計中心者の市民税の額により判断)
問合せ先 長寿はつらつ課(電話:39-2268)又は各支所市民生活課

■住宅改造費補助 ※介護保険の「住宅改修費」と合わせて利用可能。

内容 介護保険の「住宅改修費」のほか、日常生活を容易にする住宅改造経費の一部を補助
対象者 要支援、要介護の人がいる世帯で、世帯全員の前年の収入合計額が600万円未満
利用料 補助対象限度額
<所得税非課税世帯>30万円の3/4を上限に補助
<所得税課税世帯>30万円の1/2を上限に補助
問合せ先 介護保険課(電話:39-2245)又は各支所市民生活課

■車いす貸与

内容 歩行困難な高齢者等に車いすを貸与
対象者 貸与期間は原則1か月。
事情によっては4か月まで延長も可能。
利用料 無料
問合せ先 長寿はつらつ課(電話:39-2268)又は各支所市民生活課

■在宅介護者支援金の支給

内容 在宅の常時介護が必要な高齢者を介護する同居家族に支援金を支給
(月額:要支援2~要介護2・・・3,000円、要介護3~5・・・5,000円)
詳細はこちら
対象者 次の条件すべてに該当する65歳以上の高齢者と同居し、常時在宅で介護している家族
・市内に住所を有し、かつ、市内に居住している
・介護保険の認定が要支援2以上
・認知症又は常時おむつが必要(地域包括支援センター職員又はケアマネージャーが判定)
 (在宅日数が20日以上の月が支給対象)
問合せ先 長寿はつらつ課(電話:39-2268)又は各支所市民生活課

■認知症高齢者家族やすらぎ支援員の派遣

内容 認知症高齢者を介護する家族が外出や休養が必要な時間帯に、対象者の見守りや話し相手として「やすらぎ支援員」を派遣
対象者 事業対象者(基本チェックリスト該当者)、要支援1・2、要介護1・2の認知症高齢者
利用料 2時間以内の場合、200円
2時間を越える場合、1時間につき100円を加算
生活保護受給者は無料
問合せ先 長寿はつらつ課(電話:39-2268)又は各支所市民生活課

■介護相談員の派遣

内容 介護保険施設等を訪問し、サービス利用者の相談業務を実施
問合せ先 介護保険課(電話:39-2245)又は各支所市民生活課

※ 高齢者に対する配食サービスは、民間事業者や社会福祉法人が行う配食サービス、又は社会福祉協議会が行う食事サービス(会食を含む)などがあります。

このページの担当

介護保険課
TEL:0258-39-2245  FAX:0258-39-2278
メール:kaigo@city.nagaoka.lg.jp
長寿はつらつ課
TEL:0258-39-2268  FAX:0258-39-2603
メール:hatsuratsu@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。