• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 健康・福祉 > 高齢者・介護 > 第三者行為(交通事故など)により要介護認定を受けた方の対応について

トップ > 健康・福祉 > 高齢者・介護 > 第三者行為(交通事故など)により要介護認定を受けた方の対応について

第三者行為(交通事故など)により要介護認定を受けた方の対応について

最終更新日 2019年3月15日

 交通事故等の被害により介護が必要な状態となったため、要介護認定を受けて介護保険サービスを利用することとなった場合は、通常保険者(=長岡市)が負担する介護サービス費用の9割分~7割分について、その交通事故等の加害者から賠償してもらう場合があります。
 被害に遭った後の手続きの流れは次のようになります。

〇被害後、要介護認定を受けサービスを利用した時は、次の書類を市へ提出してください。

第三者行為による被害届(介護用) 様式のダウンロードはこちらから
事故発生状況報告書
念書
交通事故証明書 お近くの警察・交番にある振込書を郵便局へ持っていくと手続きができ、後日原本が送られてきます。
また、聖籠町にある自動車運転安全センターで入手することもできます。

○各種サービスは通常どおり、1割~3割の本人負担で利用します。
 その後、本人の状態が固定してから求償事務を進めます。求償事務は長岡市が新潟県国民健康保険団体連合会へ委託し、加害者側と協議します。
※協議の中で示談が成立した場合、通常本人が負担する1割分~3割分も加害者が負担する場合があります。

被害に遭われた場合は、速やかに警察へ連絡し、関係書類を市へ提出願います。

このページの担当

介護保険課
TEL:0258-39-2245  FAX:0258-39-2278
メール:kaigo@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。