• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症予防・食品衛生 > スギヒラタケは食べないでください

トップ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症予防・食品衛生 > スギヒラタケは食べないでください

スギヒラタケは食べないでください

最終更新日 2019年9月10日

 スギヒラタケは、かつて食用とされていましたが、平成16年度に新潟県をはじめとする日本海側を中心に、スギヒラタケを食べたことが原因と考えられる急性脳症事例が多発しました。
 原因は解明されていませんが、スギヒラタケと急性脳症の因果関係が否定できないことから、スギヒラタケは食べないでください。また、スギヒラタケの販売につきましても、自粛をお願いします。

スギヒラタケの特徴

スギヒラタケは、キシメジ科スギヒラタケ属のきのこです。8月から10月頃にかけて、杉や松等の針葉樹の切り株や倒木に発生し、傘が2~6センチメートル程度の大きさの扇形の白いきのこがいくつも重なり合って群れて生えるのが特徴です。

スギヒラタケと急性脳炎

平成16年度に、新潟県をはじめとする日本海側を中心として原因不明の急性脳症事例が多発しました。当初は、腎機能が低下している方がスギヒラタケを食べると、急性脳症が起きるのではないかと考えられました。しかし、その後、腎臓の機能に異常が認められない場合でも、スギヒラタケを食べた後に病気を発症して死亡した事例が確認されたことを受け、厚生労働省は、腎臓の機能が低下していない方も含めた一般の方に対し、スギヒラタケの摂取を控えるよう注意喚起しています。
新潟県では、平成21年10月にも因果関係は不明ですが、スギヒラタケの摂取歴のあった方の急性脳症発症の事例がありました。
未だ原因の解明には至っていないものの、農林水産省の委託研究において、スギヒラタケの成分が急性脳症発症の原因となる可能性を示唆する研究結果も報告されています。

関連リンク

このページの担当

健康課
TEL:0258-39-7508  FAX:0258-39-5222
メール:kenkou@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。