• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > あなたの禁煙をサポートする「禁煙外来の御案内」

トップ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > あなたの禁煙をサポートする「禁煙外来の御案内」

あなたの禁煙をサポートする「禁煙外来の御案内」

最終更新日 2019年12月5日

「禁煙をサポート」の画像

 ニコチンパッチや内服薬は一定の要件を満たせば、禁煙外来で保険診療が受けられます。 特に「ニコチン依存度の高い人」「禁煙する自信がない人」は禁煙外来がおすすめです!

禁煙外来での治療のスケジュール

禁煙外来ではおよそ次のようなスケジュールで治療が実施されます。(以下は保険治療の一例)。
※保険で認められている通院回数は、初診を含めて計5回、期間は約3か月です。

「禁煙外来」の画像

ニコチン依存スクリーニングテスト

設問内容 はい
[1点]
いいえ
[0点]
① 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くたばこを吸ってしまうことがありましたか。
② 禁煙や本数を減らそうと試みてできなかったことがありましたか。
③ 禁煙したり、本数を減らそうとしたときに、たばこがほしくてたまらなくなることがありましたか。
④ 禁煙したり、本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか。
(イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
⑤ ④でうかがった症状を消すために、またたばこを吸い始めることがありましたか。
⑥ 重い病気にかかったときに、たばこはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
⑦ たばこのために健康問題が起きていることがわかっていても吸うことがありましたか。
⑧ たばこのために精神的問題 注) が起きていることがわかっていても吸うことがありましたか。
⑨ 自分はたばこに依存していると感じることがありましたか。
⑩ たばこが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。
合計

出典:厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室 策定「禁煙マニュアル」
注)禁煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態です。
 禁煙や本数を減らしたときに出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではありません。

禁煙外来の保険適用の条件

①ニコチン依存症を診断するテスト(上図)で5点以上
②(35歳以上のみ)「一日の喫煙本数×喫煙年数」が200以上
③1ヵ月以内に禁煙したいと思っている
④医師から受けた禁煙治療の説明に同意する
※条件に当てはまらなくても、「禁煙したい!」という意志が大切です。まずは医師に相談しましょう。

禁煙外来開設状況(令和元年1月現在)

「禁煙」の画像

長岡市禁煙外来一覧はこちら(PDF 637KB)

長岡市以外の全国の医療機関を検索できます
「すぐ禁煙」(ファイザー株式会社)
 禁煙成功のコツなども掲載しています!

禁煙治療に保険が使える医療機関情報最新版(日本禁煙学会)

このページの担当

健康課
TEL:0258-39-7508  FAX:0258-39-5222
メール:kenkou@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。