• 住まい
  • 空き家
  • 支援制度
  • 住宅政策
  • 仕事・くらし
  • 市の紹介

支援制度|「支援制度」に関する情報です

長岡市住宅リフォーム支援事業
長岡市住宅リフォーム支援事業
地域経済の活性化と市内にお住まいの方の住環境の向上及び既存住宅の継続的な利用並びに空き家の有効活用を図るため、市内の施工業者によりリフォームを行う場合、その経費の一部を補助するものです。
※店舗等併用住宅(住居部分面積が延床面積の2分の1以上のもの)について、これまで補助の対象外だった店舗部分のリフォーム工事を補助の対象とします。
補助金は次の2種類です。
一般住宅リフォーム補助金  ※今年度終了
空き家活用リフォーム補助金  受付中
*空き家活用リフォーム補助金は引き続き受け付けております。
ページへ移動する
空き家バンク登録促進モデル事業
空き家バンク登録促進モデル事業
空き家バンク制度の利用の活性化を図り、もって良好な空き家の市場への流通促進並びに空き家を活用した移住及び定住を促進するため、空き家所有者には家財等処分、清掃費用を、空き家利用者には仲介手数料、登記及び引越し費用の一部を補助します。
空き家の家財片付け事業:家財等処分、清掃、除草費用 補助率2/3以内 上限額20万円
 
【予算残額】平成30年6月20日現在 207万円
空き家利用者応援事業 :仲介手数料、登記費用     補助率1/3以内 上限額5万円
            :
引越し費用          補助率1/3以内 上限額5万円
 【予算残額】平成30年6月20日現在 60万円
予算の範囲で先着順に受付します。
ページへ移動する
まちなか居住区域定住促進事業
固定資産税を免除します「まちなか居住区域定住促進事業」
公共交通が使いやすく暮らしやすい既成市街地への居住を促すため、平成30年4月に「長岡市立地適正化計画定住促進条例」を制定しました。
このたび、同条例に基づく定住促進事業として、長岡市立地適正化計画で定めた「まちなか居住区域」(又はその一部)で、転入者が住宅を購入等して居住する場合は、この住宅に係る固定資産税を3年間(子育て世帯は5年間)、1/2に免除します。
ページへ移動する
克雪すまいづくり支援事業
平成30年度 克雪すまいづくり支援事業のご案内
雪下ろしに伴う負担、危険等の軽減を図り、冬期の居住環境の改善に寄与することを目的に、克雪住宅の建設等を行う方に、その工事に要する費用の一部を補助するものです。
ページへ移動する
平成30年度 住宅建設・改修のお役立ち情報
平成30年度 住宅建設・改修のお役立ち情報
長岡市内で住宅建設や改修を考えている人に役立つ制度等の情報を集めたパンフレットを作成しましたので、ご活用ください。
フォーム支援事業
空き家の発生を抑制するための特例措置
空き家の発生を抑制するための特例措置
被相続人の居住の用に供していた家屋を相続した相続人が、当該家屋(耐震性のない場合は耐震リフォームをしたものに限り、その敷地を含む。)又は取壊し後の土地を譲渡した場合には、当該家屋又は土地の譲渡所得から3,000万円を特別控除する国が行う支援制度です。
ページへ移動する
サービス付き高齢者向け住宅整備事業
サービス付き高齢者向け住宅整備事業
サービス付き高齢者向け住宅整備事業は、高齢者世帯や要介護者等の増加に対応し、高齢者が安心して生活することができる住まい・住環境の整備により、その居住の安定確保を図ることを目的としております。
サービス付き高齢者向け住宅整備事業
ホーム借上げ制度
マイホーム借上げ制度
一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(JTI)の「マイホーム借上げ制度」は、シニアの皆さま(50歳以上)のマイホームを最長で終身にわたって借上げて転貸し、安定した賃料収入を保証するものです。
これにより自宅を売却することなく、住みかえや老後の資金として活用することができます
ホーム借上げ制度
民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業
民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業
民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業(以下「本事業」という。)は、既存の民間賃貸住宅の質の向上を図るとともに空家を有効に活用することにより、住宅確保要配慮者の居住の安定確保を図るとともに、災害等には機動的な公的利用を可能とする環境を構築することを目的としています。
民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業