長岡まつり大花火大会 有料観覧席
市民に先行販売します
いよいよ開始!
応募締切 
5月13日
【消印有効】 
市民先行販売します

有料観覧席の約6割を一般販売に先駆けて市内在住者に優先的に販売します。
販売は全て抽選です。市政だよりにある往復はがきでお申し込みください。

2014長岡まつり大花火大会会場


38・39ページ、
裏表紙も
ご覧ください

【問】 有料観覧席チケット販売について…長岡まつり予約センターTEL35・9244
長岡まつり大花火大会について…長岡まつり協議会事務局(まつり振興課内)TEL39・2221



姉妹都市になって、3年目
ノルル市民の
根付いた
長岡花火
【問】国際交流課TEL39・2207

市民交流で長岡の魅力もPR
@副代表の大島健さん(中央)は「多くの人に体験してもらえてよかった。三島に来てもらって日米対決がしたいですね」と感激した様子。(表紙)海外デビューのマスコットキャラクター・みしまる太くんも応援 A身振り手振りでやりとり。代表の相波葉子さんは「折り紙の楽しさを十分伝えられ手応えあり」と満足そう B関心が高い山古志地域の錦鯉 Cワイキキで打ち上げる長岡花火のことをよく聞かれ観光担当者は知名度の高さを実感
D日本酒も大人気。手に取る人が絶えません


市民交流で長岡の魅力もPR
E最初は白菊。真珠湾攻撃と長岡空襲の犠牲者のため、日米友好と世界の恒久平和を願って3発が夜空へ Fフェニックス花火は初めて平原綾香さんのジュピターにのせて G長岡花火の思い出を語るコールドウェル市長(左)
民交流で
長岡魅力もPR

 姉妹都市ホノルル市とさらに友好の絆を深めるため、森市長を団長とする長岡市の公式・市民訪問団など約90人が3月6日〜11日、ホノルル市を訪れました。
 日米の文化交流を目的に開かれた大規模イベント「ホノルルフェスティバル」では、初めて三島地域の丸太早切りと小国地域の折り紙アートをPRし、大勢の人が集まりました。
 長岡花火の紹介では、ホノルル市民のみなさんに知名度が高いことを実感するやりとりも交わされました。


長岡花火は両市の友好の証しに

 3月9日(日本時間10日)、ホノルルの夜空に「世界に届け、平和への祈り」と名付けた約1、800発の長岡花火が打ち上がりました。戦没者の慰霊と世界の恒久平和への願い、そして東日本大震災の被災地へエールを送る花火です。
 打ち上げに先立ちホノルル市のコールドウェル市長は、約2、000人が集まったホノルルフェスティバルでのスピーチで「長岡の花火は1945年8月の長岡空襲で亡くなった方々の慰霊と平和の祈りが込められている花火です。ワイキキで打ち上げられるのは意義があること。両市の絆を深めるとともに、太平洋戦争終結70周年は日米友好の絆を新たに深めることにつながるでしょう」と特別に紹介してくれました。
 
 ホノルル市民の心に長岡花火が着実に浸透していることに加えて、市民同士の交流もさらに絆を深める機会になりました。両市は今後も、青少年の平和教育交流を中心に友好関係を築くとともに、市民によるスポーツ・文化交流も新たに取り組んでいきます。

上へ