• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 市政 > 計画・事業 > 越後長岡応援団 > 越後長岡応援団|小林 幸子さん

トップ > 市政 > 計画・事業 > 越後長岡応援団 > 越後長岡応援団|小林 幸子さん

越後長岡応援団|小林 幸子さん

最終更新日 2016年4月1日

小林 幸子さん 小林 幸子さん
【プロフィール】
新潟市出身。64年古賀政男氏にスカウトされデビュー。79年発表の「おもいで酒」がダブルミリオンを記録する大ヒットとなり日本レコード大賞最優秀歌唱賞をはじめ数々の賞に輝く。同年NHK紅白歌合戦に初出場、以来31回連続出場を遂げている。歌唱力とともに、他に類を見ないその豪華衣装は暮れの風物詩とも言われ、毎年注目を浴びている。平成18年には紺綬褒章を受章、芸能生活45周年の明治座特別公演では文化庁芸術祭賞「優秀賞」を受賞。現在も、各方面で幅広く活躍している。

【長岡市との関わり】
中越大震災の際、多くの著名人が被災地の支援に立ち上がりました。小林幸子さんはその中でも、最も精力的に支援活動に取り組まれた一人です。
地震6日後の10月29日、いち早く多額の義援金をご寄付くださいました。その後も避難所や仮設住宅を慰問公演でたびたび訪れ、その歌声で被災者に感動と勇気をもたらしました。ご自身の全国ツアーでも、コンサート会場に募金箱を置いて支援を訴えるなど、ふるさと新潟への愛にあふれた活動を展開されました。
「がんばって がんばってつよく生きるのよ 春はきっと来る きっと来る」。これは、幸子さんが慰問公演の会場で必ず歌われていた「越後絶唱」の一節です。この「越後絶唱」は復興の応援歌として、今も多くの人たちの心の中に響き続けています。平成19年、国営越後丘陵公園内に、山古志地域の住民が全国からの温かい支援に感謝し建立した碑には、この「越後絶唱」の歌詞が刻まれました。山古志地域には、幸子さんの名を冠した「小林幸子田」があります。幸子さんは毎年、山古志の復興のシンボルともいえるこの田を訪れ、地域の住民と一緒に田植えや稲刈りをされています。
小林 幸子さん
時の流れは早いものですね・・・。
ふるさと新潟の一大事! と、飛び出してから6年。
ご縁が出来て、今では年間のスケジュールに、田植えと稲刈りが組み込んである程です。
これからも応援団の一人として、微力ながら声援を送り続けたいと思います。
小林 幸子

このページの担当

シティプロモーション課
TEL:0258-39-2361  FAX:0258-39-2272
メール:city-promo@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
ご意見がありましたらご記入ください。
その他 回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。また、個人情報は記入しないでください。