• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 産業・ビジネス > 入札・契約 > お知らせ > 平成29年度入札契約制度改正(平成29年11月)について

トップ > 産業・ビジネス > 入札・契約 > お知らせ > 平成29年度入札契約制度改正(平成29年11月)について

平成29年度入札契約制度改正(平成29年11月)について

最終更新日 2017年11月9日

平成29年11月から、入札契約制度を次のとおり改正します。

設計に関する疑義申立て制度の廃止について

 平成23年度から建設工事の入札について、設計に関する疑義申立て制度を導入し、入札の透明性・公正性の確保に努めてきました。
 制度導入から約7年の間、発注工事の概ね95%は設計積算に疑義申立てがない状況です。
 このようななか、疑義申立て制度は、申立てがない場合でも工事の契約が最大4日間遅れることとなり、早期の契約・現場着手を阻害しております。
 こうした現状を踏まえ、この制度を廃止することにより、早期に契約・現場着手が可能となり、発注者・受注者双方にとってメリットが大きいものと考えますので、下記のとおり疑義申立て制度を廃止します。
 なお、これまで同様に入札の透明性の確保のため、下記2のとおり、公表用設計書の閲覧制度を引き続き実施しますので、ご利用ください。
 また、設計図書に係る疑問については、質問回答書を積極的にご利用ください。

1. 適用開始時期

平成29年11月13日以後に入札公告する案件から適用します。

2. 公表用設計書の閲覧制度について

設計額1,000万円以上の工事については、閲覧室(契約検査課となり)において、公表用設計書を閲覧できます。
※入札に参加した方だけでなく、全ての方が閲覧できます。
※本制度の利用にあたり、手続きは不要です。
※制度概要は、こちらをご覧ください。

このページの担当

契約検査課
TEL:0258-39-2210  FAX:0258-39-2276
メール:keiyaku@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
ご意見がありましたらご記入ください。
その他 回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。また、個人情報は記入しないでください。