トップへ
電子申請トップへ


利用規約

(ご利用前に必ずお読みください)

(目的)
第1条 この規約は、長岡市電子申請・届出システム(以下「システム」という。)を利用して申請、届出等の本市に対する手続(以下「申請等の手続」という。)を行うために必要な事項を定めることを目的とします。

(利用上の注意)
第2条 システムを利用して申請等の手続を行うためには、本規約に同意していただくことが必要です。このことを前提に、本市はシステムによるサービスを提供します。
2. システムを利用された方は、本規約に同意したものとみなします。何らかの理由により本規約に同意することができない場合は、システムをご利用いただくことはできません。

(禁止事項)
第3条 システムの利用においては、次の行為を禁止します。
(1) システムを申請等の手続以外の目的で利用すること。
(2) システムに対し、不正にアクセスすること。
(3) システムの管理及び運営を妨害すること。
(4) 虚偽の申請等を行うこと。
(5)その他法令等に反すると認められる行為をすること。

(受付番号及び本人確認)
第4条 システムによる申請等の手続が、本市が使用するサーバに記録されると、受付番号が画面に表示されます。
2. 利用者は、窓口で証明書等を受け取る際に、本人確認ができる資料を明示するとともに、前項の受付番号を明示することとします。
3. 利用者は、すでに行った申請等の手続きについて問い合わせる場合は、第1項の受付番号を明示することとします。明示できない場合は、回答することができない場合があります。

(運用時間帯等)
第5条 システムは、原則として、終日運用します。
2. システムのメンテナンス等のため、システムの利用を一時停止、休止、中断することがあります。
3. システムの一時停止する場合は、事前にシステムにおいてその旨を掲示することとします。ただし、システムの障害等で緊急を要する場合は、事前の予告なく、システムの利用を一時停止、休止、中断することがあります。

(免責事項)
第6条 本市は、利用者がシステムを利用したことにより発生した利用者の損害及び利用者が第三者に与えた損害に対して、一切の責任を負いません。
2. 本市は、前条第3項の規定により予告なく一時停止、休止、中断した場合は、これにより生じたいかなる損害に対しても、一切の責任を負いません。
3. 利用者が使用するパソコン等の障害又は不具合、通信回線上の障害、天災地変その他市の責めに帰さない理由によるシステムの障害等により発生した利用者の損害及び利用者が第三者に与えた損害に対して、本市は一切の責任を負いません。

(個人情報の保護)
第7条 利用者がシステムに入力した個人情報や申請、届出等に係るデータに含まれる個人情報の取扱いについては、長岡市個人情報保護条例(平成27年長岡市条例第31号)に基づき、個人情報の漏えい、滅失及び損傷の防止その他の個人情報保護の措置が図られます。

(システムの改良等)
第8条 本市は、システムの利便性の向上を図るため、利用者へ事前の通知を行うことなく、いつでもシステムの改良、改修等を行うことができることとします。

(利用規約の変更)
第9条 本市は、必要があると認めるときは、利用者への事前の通知を行うことなく、本規約を変更することができることとします。
2. 本市は、本規約を変更した場合は、システムに変更後の規約を掲載することとします。
3. 利用者は、利用の都度、本規約を確認することとし、本規約変更後にシステムを利用した場合は、変更後の規約に同意したものとみなします。

(その他)
第10条 この規約に定めるもののほか、必要な事項は、本市が別に定めるものとします。
・納税証明書(市・県民税)の交付申請
・納税証明書(固定資産税)の交付申請

(附則)
この規約は、平成20年2月1日から適用します。

電子申請トップへ
トップへ