トップへ
広報な毎日トップへ

広報な毎日〜花火のまちから〜

2020に向け、「花火館」整備へ

2017年12月14日

 長岡花火を核に地域資源をPRし、交流人口を拡大するため、「ながおか花火館(仮称)」を整備します。

「ながおか花火館(仮称)」を整備

 場所は、花火会場や長岡ICからアクセスの良い川西地区の国道8号沿い、喜多東交差点周辺。東京五輪前のオープンを目指します。

 花火シアター、各地域の特産品販売、野外イベントスペースなどを設け、大型観光バスOKの駐車場も。今後、道の駅としての登録を目指します。

磯田市長による記者会見

 会見で磯田市長は「長岡の代名詞である長岡花火を、8月2日・3日だけでなく、いかに通年の集客につなげていくか。花火と観光・物産を一体にし、周辺にも波及する観光拠点にしたい」と語りました。


トップへ