• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > くらし・手続き > 防犯・交通安全情報 > 自転車の交通安全~自転車も車の仲間~

トップ > くらし・手続き > 防犯・交通安全情報 > 自転車の交通安全~自転車も車の仲間~

自転車の交通安全~自転車も車の仲間~

最終更新日 2016年4月1日

 自転車は子どもから大人まで手軽に利用できる交通手段です。また、健康志向の高まりや環境への配慮などにより、自転車への注目が高まっています。
 しかし、それとともに自転車利用者のルール違反やマナーの悪さが大きな問題となっています。
 自転車に乗るときは、ルールを守り、安全に利用しましょう。

自転車安全利用五則

1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外

 道路交通法上、自転車は軽車両と位置付けられています。歩道と車道の区別があるところでは、車道通行が原則です。
≪例外≫

  • 道路標識などで認められている場合
    ↓「普通自転車歩道通行可」の標識
  • 運転者が13歳未満の子どもや70歳以上の高齢者、身体が不自由な方の場合
  • 道路工事や駐車車両により車道の左側を通行することが困難なときや、車の通行量が非常に多く危険な場合

【罰則】3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金

2. 車道は左側を通行

自転車は、道路の左端によって通行しなければなりません。
【罰則】3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金

3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

歩道では、車道寄りの部分をすぐに停止できる速度で、歩行者の通行を妨げる場合は一時停止しなければなりません。
【罰則】2万円以下の罰金又は科料

4. 安全ルールを守る

  • 夜間は、前照灯及び尾灯(又は反射器材)をつけなければなりません。
    【罰則】5万円以下の罰金
  • 飲酒運転及び酒気帯び運転は禁止されています。
    【罰則】5年以下の懲役又は100万円以下の罰金(酒酔い運転)
  • 自転車の二人乗りは、禁止されています。
    【罰則】2万円以下の罰金又は科料
    ≪例外≫6歳未満の子どもを幼児用座席に乗せる場合
  • 「並進可」の標識があるところ以外では、並んで走ってはなりません。
    【罰則】2万円以下の罰金又は科料
  • 信号のある交差点では、信号に従わなければなりません。
    「歩行者・自転車専用」信号機がある場合は、その信号に従わなければなりません。
    【罰則】3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
  • 「止まれ」の標識がある場所では、一時停止しなければなりません。
    【罰則】3月以下の懲役又は5万円以下の罰金、過失10万円以下の罰金
    ※「止まれ」の標識がなくても、見通しの悪い交差点では徐行し、左右をよく見て安全に通行しましょう。

5. 子どもはヘルメットを着用

保護者は、13歳未満の子どもを自転車に乗せるときは、確実に乗車用ヘルメットを着用させましょう。

自転車での加害事故例

 自転車事故でも被害の大きさによって、数千万円の賠償を求められることがあります。
 未成年者であっても責任を逃れることはできません。

賠償額 事故の概要
5,438万円 成人男性が昼間、信号表示を無視して高速度で交差点に進入、青信号で横断歩道を横断中の女性(55歳)と衝突。女性は頭蓋内損傷等で11日後に死亡した。
(東京地方裁判所、平成19年4月11日判決)
5,000万円 女子高生が夜間、携帯電話を操作しながら無灯火で走行中、前方を歩行中の看護師の女性(57歳)と衝突。看護師に重大な障害が残った。
(横浜地方裁判所、平成17年11月25日判決)
3,138万円 男子高校生が朝、自転車で歩道から交差点に無理に侵入し、保険勧誘員の女性(60歳)が運転する自転車と衝突。保険勧誘員は頭蓋骨骨折を負い9日後に死亡した。
(さいたま地方裁判所、平成14年2月15日判決)

TSマークについて

 「TSマーク」には、障害・賠償責任保険が付いていて、万一事故にあったり、事故を起こした時に活用できます。
 保険適用期間は、点検から1年間です。
 自転車整備店で「普通自転車の点検整備基準」に基づく点検・整備(有料)を行い、基準に合格した安全な自転車に張られるマークです。
 年に1回点検を受けて、きちんと整備された安全な自転車に乗りましょう。

青マーク
▲青マーク
赤マーク
▲赤マーク
種別 傷害補償 賠償責任補償 被害者見舞金
死亡もしくは
重度後遺障害
(1~4級)
入院
(15日以上)
死亡もしくは
重度後遺障害
(1~7級)
入院
(15日以上)
青マーク 一律30万円 一律1万円 1,000万円
(限度額)
なし
赤マーク 一律100万円 一律10万円 5,000万円
(限度額)
※平成26年9月30日までに貼付した赤マークは2,000万円(限度額)です。
10万円
※平成26年9月30日までに貼付した赤マークには適用されません。

自転車安全整備店章

 詳しくは、自転車安全整備店章のある自転車店にお問い合わせください。

自転車向けの保険

 自転車が転倒するなど、自分のけがに備えるには「傷害保険」があります。また、自転車事故での損害賠償に備える保険もあります。詳しくは、損害保険代理店や保険会社にお問い合わせください。

このページの担当

市民活動推進課
TEL:0258-39-2206  FAX:0258-39-2258
メール:siminkatudou@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
ご意見がありましたらご記入ください。
その他 回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。また、個人情報は記入しないでください。