• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

長岡市美術展覧会(市展)

長岡市美術展覧会(市展)について

第55回市展の様子
▲第55回市展の様子

長岡市美術展覧会とは
 美術を愛する市民の創作活動の成果を発表する場として、また、生活の中に美術を味わう楽しさを普及していくことをねらいとして開催し、「市展」の愛称で親しまれています。

第55回 長岡市美術展覧会

 第55回 長岡市美術展覧会をアオーレ長岡 アリーナで開催しました。
 市内外の美術愛好家から852点もの作品をご応募いただきました。
 厳正に審査を行い、入賞・入選作品708点に加え、審査員・長岡市美術協会員作品76点の計784点を展示し大盛況の展覧会となりました。
 アオーレ長岡での開催後、中之島・栃尾・川口において小巡回展を開催し、開催期間中は、延べ8,205人の方からご来場いただきました。

会期 平成28年10月28日(金)~11月2日(水)
会場 アオーレ長岡アリーナ
応募点数 852点
展示点数 784点
(入賞・入選708点・審査員11点・美術協会65点)
小巡回展 【中之島展】
 会期:11月4日(金)~11月7日(月)
 会場:中之島文化センター
【栃尾展】
 会期:11月11日(金)~11月13日(日)
 会場:栃尾体育館
【川口展】
 会期:11月20日(日)~11月22日(火)
 会場:川口支所
来場者数 8,205人
目録
第55回長岡市美術展覧会目録 PDFファイルPDFファイル (PDF 2,464KB)

市長賞作品

日本画部門

「初冬の海」

「初冬の海」  風間 スミエ

【審査員評】
力のこもった作品です。波の猛々しい動きや、強い風が画面からあふれてくるようです。

洋画部門

「会いに来ました」

「会いに来ました」  阿部 美智子

【審査員評】
題名どおり大樹に寄りそう少女の心情が見る側に素直に伝わり、木々の生命感が明るくのびのびとし希望が湧きます。

彫刻部門

「夢に向って」

「夢に向って」  高野 伸男

【審査員評】
丁寧に観察されたフォルムと、幾度となく重ねられた仕上げ作業から、制作に真摯に向き合う姿と強い意志を感じます。

工芸部門

「鈴の音」

「鈴の音」  小黒 トモ子

【審査員評】
黒と青味を帯びた白い色調が、さわやかでモダンです。彫りの部分を、「広い」「狭い」と変化をつけると更に面白いです。

書道部門

「杜牧の詩」

「杜牧の詩」  多田 豊美

【審査員評】
超柔毫筆を使用し特異な字形と線質が生まれ、字間・行間も自然に形成されています。変化と調和が見事です。

写真部門

「吉徳さんちの大花火」

「吉徳さんちの大花火」  山本 昭七

【審査員評】
紅白の幕が飾られた民家の背後に、見事な花火が打ち上がっています。花火大会の喧噪から離れ、ひっそりとした静けさの中にもハレの日が見事に写し込まれています。

このページの担当

生涯学習文化課
TEL:0258-32-5110  FAX:0258-32-0587
メール:syougai@city.nagaoka.lg.jp