• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

有害危険物(月2回収集)

最終更新日 2017年4月1日

出し方

透明または半透明の袋に「キケン」と表示してください。
決められたごみステーションに収集日の午前8時30分までに出しましょう。
「燃やさないごみ」には、出さないでください。

スプレー缶、カセットボンベ、ライター

①中身は使い切り、必ず風通しの良い屋外でガスを抜く。ガスが残っていると、ごみ収集車内で爆発し火災の原因となります。
絶対に屋内ではガスを抜かないでください。どうしても、ガス抜きができない場合は、環境業務課へご連絡ください。
②透明または半透明の袋に入れ、袋の口を結んで、「キケン」と表示する。

【ガスを抜く方法】
・底に穴を開ける。
・つまようじを差し込む。
・テープや輪ゴムで固定する。

ガスを抜く方法

乾電池、水銀体温計、水銀温度計

乾電池、水銀体温計、水銀温度計

蛍光管(丸型・直管型・電球型)、LED電球

蛍光管(丸型・直管型・電球型)、LED電球

①買ったときの容器に入れる。容器に入っていれば袋に入れる必要はありません。
②買ったときの容器がない場合は、紙に包み、透明または半透明の袋に入れ、「蛍光管」または「LED」と表示する。

有害危険物の品目

●スプレー缶 ●カセットボンベ ●ライター ●蛍光管(割れていないもの) ●乾電池 ●水銀体温計 ●水銀温度計 ●LED電球 ●コイン型電池(型番:CRおよびBR)

これらは有害危険物ではありません。

紙に包んで「燃やさないごみ」に出しましょう。

電球・グローランプ 割れた蛍光管
電球・グローランプ 割れた蛍光管
割れたガラス・陶磁器 包丁
割れたガラス・陶磁器 包丁

これらは市では収集していません。

「回収ボックス」を設置している販売店に出しましょう。

充電式電池 ボタン電池
充電式電池
回収協力店の検索ページ
ボタン電池
回収協力店の検索ページ

Q&A

Q. スプレー缶、カセットボンベ、ライターのガスはどうして抜かなければならないの?
A. ガスが残っていると、爆発・火災事故の原因となり、大変危険です。中身は使い切り、必ず風通しの良い屋外で、底に穴を開け、ガスを全部抜いてください。絶対に屋内ではガスを抜かないでください。
スプレー缶のふたを使って、ガスを抜くことができる製品もありますが、底に穴を開け、ガスを抜いてください。

このページの担当

環境業務課
TEL:0258-24-2837  FAX:0258-24-6553
メール:kankyogy@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
ご意見がありましたらご記入ください。
その他 回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。また、個人情報は記入しないでください。