• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 観光 > イベント・祭り > 秋葉の火祭り

トップ > 観光 > イベント・祭り > 秋葉の火祭り

秋葉の火祭り

栃尾エリア

最終更新日 2016年4月1日

火祭り

 栃尾は戦国武将「上杉謙信」が長尾景虎(ながおかげとら)と呼ばれていた最も多感な青年期を過ごし、旗揚げをしたところです。景虎は瑞麟寺(ずいりんじ)五世「泰錬門察(たいれんもんさつ)」和尚の下で学びました。その後瑞麟寺は焼失してしまいましたが、それを継承する形で常安寺(じょうあんじ)を建立し、その守護神として「秋葉三尺坊大権現(あきばさんじゃくぼうだいごんげん)」を秋葉山上に遷宮しました。
 秋葉三尺坊は、全国に信者を持つ火伏せ(火坊)の神様です。お祭りはこの三尺坊の遺徳をたたえ、命日にあたる7月24日に毎年行われます。
<秋葉三尺坊とは>
 秋葉信仰の祖、三尺坊は信州に生まれ、諸国修行後、岩野蔵王(栃尾の楡原)にいたり修行を続け、不動明王の行法を修め、飛行自在の神通力を得たといいます。このとき現れた白狐にのり、空中を飛び遠州(静岡)に降り立ちました。三尺坊は秘法を会得したとき、「わが名を唱えるものあれば、七難を消滅する」と叫んだことから、一山の衆徒は驚き恐れ、秋葉の地に社を建て、これを祀ったといわれています。
<祭りの様子>
 ほら貝の音とともに祭りが始まり、松明を灯す修験者に先導された行列が会場に入り、修験者による降神の儀式が始められます。
 宝弓で四方を射る破魔矢の儀、神剣の儀が行われ周囲を清め、結界中央の祭壇が点火されると祭りの熱気は最高潮になり、秋葉真言と火生三昧秋葉の火祭り秘法が繰り広げられます。
 紅蓮の炎が静まる頃、火渡りが始まり、善男善女が無病息災、家内安全を願い合掌して渡ります。
 また、市街地では前日夜から「うま市」が開催されます。かつては越後の三大馬市に数えられるほどの賑わいでした。現在、馬の姿はありませんが、たくさんの露店が並び、家族連れなど多くの人手で賑わいます。
火祭り
火祭り
うま市
所在地 長岡市谷内2丁目(秋葉公園)【地図
開催日時 うま市:毎年7月23日~24日
秋葉の火祭り:毎年7月24日
会場 谷内通り(うま市)
秋葉公園(秋葉の火祭り)
アクセス 関越道長岡ICまたは北陸自動車道中之島見附ICから国道8号~351号経由45分
問合せ 常安寺
 TEL:0258-52-2318

栃尾観光協会
 TEL:0258-51-1195
 E-mail:info@tochiokankou.jp
詳細 栃尾観光協会ホームページ

このページの担当

栃尾支所商工観光課
TEL:0258-52-5827  FAX:0258-52-3990
メール:tco-shoukou@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
ご意見がありましたらご記入ください。
その他 回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。また、個人情報は記入しないでください。