• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 健康・福祉 > 食品・衛生 > 腸管出血性大腸菌の食中毒防止について

トップ > 健康・福祉 > 食品・衛生 > 腸管出血性大腸菌の食中毒防止について

腸管出血性大腸菌の食中毒防止について

最終更新日 2016年4月1日

食中毒防止のために、次の点に注意をしましょう。

1. 加熱用食肉等の適切な加熱調理について

  • 加熱用食肉は適切に加熱調理(中心温度75℃、1分以上)行う。
  • ユッケや生レバーなど食肉を「生」で食べることは避ける。

2. 二次汚染の防止について

  • 食肉類の調理に使用した包丁やまな板などの器具類は、使用の都度に洗浄消毒を行う。
  • 生肉を触った後は、手指の洗浄消毒を行う。
  • 生肉や生肉のドリップ(肉汁)が、他の食品に触れないようにする。
  • 焼肉やバーベキューを行う場合には、「肉を焼く箸」と「食べる箸」を区別して使用する。

このページの担当

健康課
TEL:0258-39-7508  FAX:0258-39-5222
メール:kenkou@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
ご意見がありましたらご記入ください。
その他 回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。また、個人情報は記入しないでください。