• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症予防 > 感染性胃腸炎に注意しましょう

トップ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症予防 > 感染性胃腸炎に注意しましょう

感染性胃腸炎に注意しましょう

最終更新日 2017年5月22日

長岡保健所管内での定点あたりの感染性胃腸炎報告数が5.25(5月8日から5月14日まで)となり、前週と比べ増加しました。
※県内での定点あたり報告数は6.79です。

引き続き十分に注意してください。

ノロウイルスの特徴

  • ノロウイルスは、手指や食品を介して口から入り、ヒトに感染すると約1~2日後におう吐や下痢、腹痛などの胃腸炎症状を起こします。
  • 症状が治まっても、1週間~1か月間程度、ウイルスが便とともに排出されます。
  • 感染者のおう吐物や便にはノロウイルスが大量に含まれ、手指等を介して感染が拡がります。

感染性胃腸炎の予防方法

  • 石けんを用いた流水による手洗いを徹底しましょう。特に排便後、おむつ交換後、また調理や食事の前には十分に手を洗いましょう。
  • 便や吐物を処理するときは、使い捨て手袋、マスク、エプロンを着用し、処理後は石けんを用いて流水で十分に手を洗いましょう。
  • カキなどの二枚貝を調理するときは、中心部まで十分に加熱しましょう。(中心温度85~90℃で90秒以上の加熱が必要です。)

関連リンク

このページの担当

健康課
TEL:0258-39-7508  FAX:0258-39-5222
メール:kenkou@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
ご意見がありましたらご記入ください。
その他 回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。また、個人情報は記入しないでください。