空き家物件登録

ARTICLE ENTRY

トップ 空き家物件登録

空き家バンクの仕組み_所有者用

空き家バンクの仕組み
空き家バンクへの登録から利用までの流れ

所有者用

こんな人におすすめ 「空き家を売りたい・貸したい」「どこの不動産屋に頼んでいいかわからない」など、市で紹介する空き家バンクで利用者を探してみませんか?
空き家バンクに
登録できる家
・個人所有の一戸建て住宅、分譲マンションで不動産登記がされているもの
・抵当権が設定されていないもの
・売買物件については、土地の地目が農地以外のもの
1
登録

(1) 物件登録の申込み
「長岡市空き家バンク登録申込書」に必要事項を記入・捺印の上、原本を直接担当窓口にお持ちいただくか郵送でお送りください。
<申込に必要な書類>登録しようとする土地と建物の登記簿謄本の写し※長岡市空き家バンク登録申込書は、下の「手続きに必要な様式」からダウンロードしてください

(2) 現地調査の実施
所有者・市担当者でホームページに掲載するための間取り、配置図、写真、設備等の現地調査を実施します。

(3) 空き家台帳への登録
市は(2) の調査結果を審査し、登録が適当であると認めたときは「長岡市空き家バンク登録決定通知書」をお送りします。

※空き家台帳の登録事項に変更がある場合は、長岡市空き家バンク登録変更届出書を下の「手続きに必要な様式」からダウンロードしてください。

2
空き家の
情報提供

(1)市のホームページ、担当窓口、住宅情報誌、国、県のWEB サイトや移住・定住イベント等で、住まいを探している人への物件情報の公開、紹介をします。

(2)物件の利用希望者があった場合、所有者・利用希望者・市担当者での現地見学の日程調整をします。

3
物件の見学
(内覧)

所用者・利用希望者・市担当者の3者で物件見学を実施します。

4
交渉・契約

見学の結果、希望により交渉・契約手続きを当事者間で行っていただきます。
※市では空き家情報の紹介や連絡調整は行いますが、交渉・契約に関しての仲介行為は行いません。但し、トラブル防止のためにも通常の不動産取引同様、不動産業者等を仲介するように勧めてます。

5
商談・成約

商談中(契約手続き中)となった場合は、その旨を市へ連絡いただき、正式に契約となりましたら「長岡市空き家バンク登録抹消届出書」を提出していただき利用の完了となります。
※長岡市空き家バンク登録抹消届出書は、下の「手続きに必要な様式」からダウンロードしてください。

手続きに必要な様式

ダウンロード・印刷し、必要事項を記入・捺印の上、添付書類とともに
住宅施設課 住宅政策係まで直接お持ちいただくか、郵送でお送りください。
空き家等を
売りたい、貸したい人
長岡市空き家バンク
登録申込書
WORD
38.0KB
記入例
35.2KB
登録内容に変更がある人 長岡市空き家バンク
登録変更届出書
WORD
38.0KB
記入例
12.5KB
登録を抹消したい人 長岡市空き家バンク
登録抹消届出書
WORD
37.5KB
記入例
12.1KB